ゴルフと登山と時々色々/札幌発

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

2種類のゴルフスイング

 

お越し頂いて有難うございます。

 

ゴルフには大きく分けて2種類のゴルフスイングが有ります。

 

1つは「1プレーンスイング」で、もう一つは「2プレーンスイング」です。

 

1プレーンスイングが何故「1プレーンスイング」と言われ、2プレーンスイングが何故「2プレーンスイング」と言われるのかは、今迄に何度も説明したので今回は省略します。

 

この2種類のゴルフスイングに付いて、もう少し分かりやすく説明すると、

 

皆さんは、テークバックの際に

 

①「クラブフェースは開いて上げるのが正しくて、閉じて上げるのは間違い」と言う説明と

②「クラブフェースは閉じて上げるのが正しくて、開いて上げるのは間違い」と言う説明の、

 

明らかに違う2種類の説明を見たり聞いたりした事が有ると思います。

 

f:id:siawaseni:20181012211158p:plain

 

私も、ゴルフを始めた頃にこの説明を見ました。

 

そして、私は悩みました。

 

テークバックの際、

クラブフェースと言うのは開いて上げるのが正しいのか?

それとも、

閉じて上げるのが正しいのか??

 

私の様に悩んだ事の有る人は多いと思います。

 

しかし、

 

上の様な説明だと、それを読んだ人達に大きな誤解を与えます。

 

これはどちらが正しくて、どちらが間違っていると言う事では無いのです。

 

どちらも正しいのです。

 

ですから、この事に関して誤解を与えない正しい説明をするとしたら、

 

ゴルフには、

テークバックの際に、①「クラブフェースを開いて上げる方法」と②「クラブフェースを閉じて上げる方法」の2種類の方法が有ります。

 

と言うのが正しい説明だと思います。

 

この2種類の違いこそが、1プレーンスイングと2プレーンスイングの2種類のゴルフスイングです。

 

2種類のゴルフスイングのテークバックの画像を見比べると誰でもが分かる様に、

 

①クラブフェースが正面に向く様にフェースを開きながらテークバックする方法と

 

f:id:siawaseni:20181201082106j:plain

 

②クラブフェースが球に向く様にフェースを閉じたままテークバックする方法は

 

f:id:siawaseni:20181201082125j:plain

 

明らかに違う2種類のテークバックの方法です。

 

テークバックの方法がこれだけ明らかに違うのですから、ハーフウェイバックからトップまでのクラブの上げ方も、トップからクラブを下すダウンの方法も、インパクトの方法も、フォローの方法も、全て明らかに違うと言う事です。

 

例えば、皆さんは、「テークバックの際、左肩が落ちない様に、肩はフラットに回す」と言う説明を見たり聞いたりした事が有ると思いますが、上の写真を見れば分かる様に、肩をフラットに回す仕方は、①のクラブフェースを開きながら上げる方法のテークバックの仕方です。

 

②のクラブフェースを閉じて上げる方法の人が、左肩が落ちない様に肩をフラットに回すと言うのは無理です。

 

上の写真を見れば分かる様に、②のクラブフェースを閉じて上げる方法の人は、テークバックの際には必ず左肩が下に落ちるのです。

 

ですから、①は肩をフラットに回転させる方法ですし、②は左肩が落ちる回転方法なので、2種類のスイングの肩の回転方法は明らかに違う肩の回転方法なのです。

 

この様に、ゴルフの理論とか説明は、1プレーンスイングには通用しても2プレーンスイングには通用しないとか、これとは逆に、2プレーンスイングには通用しても1プレーンスイングには通用しないと言う様に、全ての理論とか説明は、明らかに違う2種類のゴルフスイングの方法に分ける事が出来ます。

 

ですから、ゴルフの練習をする際には、自分は2種類有るゴルフスイングの内、どちらのスイングをしていて、このゴルフ理論は自分のスイングに通用するのか?通用しないのか?

 

と言う事を考えながら練習する事が大切です。

 

ここまでの説明で分かる様に、2種類のゴルフスイングは明らかに違う2種類のゴルフスイングですから、明らかに違う2種類のゴルフスイングをゴチャマゼにして練習してもなかなか上手くいきません。

 

だから、

 

「あなたはどちらのスウィング?」

 

「違うタイプを真似しても上手くなりません!」

 

 

と言う事に成る訳です。

 

 

f:id:siawaseni:20180404194646j:plain

※上の画像をクリックするとゴルフダイジェストさんに飛びます。  

 

ゴルフは色々と悩みの多いスポーツですが、ゴルフスイングには明らかに違う2種類のゴルフスイングが有ると言う事を理解する事で様々な疑問は解けると思いますので、試して見ると良いと思います。

 

この記事が少しでも皆さんの役に立つ事を祈りながら、これにて、このブログの「ゴルフ理論」は店仕舞です。

 (^o^)/

今年のゴルフは全て終了

 

お越し頂いて有難うございます。

 

天気の日を狙って何とか年内にあと1回と思っていましたが、どうやら雪で無理な様なので、先日のゴルフで今年の私のゴルフは全て終了いたしました。

 

私のゴルフの年間の平均点は、毎年77点~79点ぐらいで、もう何十年も変わりませんが、今年の平均点は76点ぐらいなので例年よりも1点ほど良かったようです。

 

1点ぐらい良くても悪くてもそんな事はどうでも良いですが、私にとって今年の1番の収穫は7人のサークルの仲間が80点を切った事ですね。

 

まだ、安定して常に80点を切れる人は居ませんが、常に80点前半でラウンド出来る人は沢山居ますから、その内に、安定して常に80点を切れる人も出て来ると思います。

 

私のゴルフサークルには21人の仲間が居るのですが、私と知り合った頃は「100点を切るのが目標」と言う人ばかりでしたが、その内の3割の人が80点を切った事に成る訳ですから、私としては嬉しい限りです。

 

80点は切れなくても、常に80点台でラウンドする人も沢山増えましたから、皆の成長を見ていると、私はそれが1番嬉しいですね。

 

80点を切った人や常に80点台でラウンドする人が増えた要素の1つとして、皆にとっては「1プレーンと2プレーンのブログ」が良かったようです。

 

「1プレーンと2プレーンのブログ」のブログを作るまでは、ゴルフの事を口だけで説明していましたが、口だけで説明されるよりは図柄入りで説明された方が分かりやすかったのと、沢山の知らなかった事を知る事が出来たのが、皆に言わせると良かったとの事でした。

 

それに、私の仲間はブログを読んで分からない事が有れば練習場で直接聞く事が出来たので、その分、理解は早かったのだと思います。

 

以前にも書きましたが、今年のゴルフが終わったと同時にそろそろこのブログは店仕舞しますので、「1プレーンと2プレーンのブログ」も同じく店仕舞しますから、今は「1プレーンと2プレーンのブログ」はサークルの仲間以外は見る事が出来ない様にしましたが、

 

私が「1プレーンと2プレーンのブログ」で書いた事は、

 

『ゴルフには1プレーンと2プレーンの2種類のスイングが有る』と言う事です。

 

私は、その2種類のスイングの違いを理解して練習する事がゴルフには大切な事だと思うので、ゴルフの上達を目指して頑張っている皆さんには2種類のゴルフの違いを理解して練習する事を強くお勧め致します。

 

と言う事で、

 

次回は2種類のゴルフスイングに付いて少しだけ書いて、このブログの店仕舞にしたいと思います。

2019年のルール改正

 

お越し頂いて有難うございます。

 

いつも読ませて頂いているkeisong さんのブログに、

 

keisong.hatenablog.com

 

2019年から改正に成るゴルフルールの事が書かれていたので調べてみると、2度打ちの罰が無くなったり、ピンを抜かなくても良く成ったり、距離計測器の使用が良く成ったりなどなど、沢山の事が改正に成る様です。

 

改正に成るルールは以下のサイトに有りますので、宜しければご覧下さい。   

 

http://www.jga.or.jp/jga/html/jga_data/04KISOKU_NEWS/2018_KISOKU/2019newrules20jgaver2.pdf#search='2019%E5%B9%B4+%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95+%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%94%B9%E6%AD%A3'