ゴルフと登山と時々色々

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

球を打ちに行かない

お越し頂いて有難うございます。

 

私のブログ友達のさくらさんが、「フィニッシュが特によくなりたい」と言うコメントをくれたので、その事に付いて書き込みしたいと思います。

 

kameusakiji.hatenablog.com

 

 

私が誰かにゴルフを教える時に、最も伝えづらいと感じる事は何かと言うと、

 

ゴルフスイングは、球を打とうとして球に向かってクラブを振って居るのではなくて、目標に向かってクラブを振っている」

 

と言う事です。

 

インパクトの考え方と言うのは、トップからフィニッシュに向かってクラブを振れば、その途中に球が有るので、クラブは勝手に球に当たると言うのが本来の考え方です。

 

ですから、スイングと言うのはトップから球に向かってクラブを振って居る訳ではありません。

 

だから、よく言われると思いますが「球に向かうな」とか「球を打ちに行くな」とか「スイングの途中にインパクトが有る」とか「フィニッシまで振り切れ」とか言うのは、全てこの事を説明している訳です。

 

ですから、トップから球を打ちに行かないで、トップからフィニッシュに向かって素振りをすれば、誰であってもフィニッシュは奇麗に成るはずです。

 

実際に球を打つ時も、その素振りと同じくトップからフィニッシュに向かってスイングすれば、素振りと同じくフィニッシュは奇麗に成ります。

  

これを図で説明すると

 

本来のスイングと言うのは、トップからフィニッシュに向かってスイングするので、トップで右に向いた胸が、

f:id:siawaseni:20190425175029j:plain

フィニッシュに向かって胸が左を向く事を目指してスイングします。

f:id:siawaseni:20190425175135j:plain

その途中で身体はスクエアに成るので、その時にクラブは勝手に球に当たると言うのが、

f:id:siawaseni:20190425175151j:plain

本来のスイングの考え方です。

 

 

これに対して、多くの人は

 

トップから

f:id:siawaseni:20190425175029j:plain

球を打とうとして球に向かうので、フォローに向かう事よりもインパクトが重要事項と成り、

f:id:siawaseni:20190425175151j:plain

そのインパクトの惰性でフォローが発生します。

f:id:siawaseni:20190425175135j:plain

インパクトの惰性で発生するフォローでは、どうしてもフィニッシュまでクラブを振り切れませんから、目標へ球を運びきれませんし、フィニッシュの形も崩れます。

 

この図で分かる様に、ゴルフスイングの場合、インパクトの後にフォローやフィニッシが有るのではなくて、ファローやフィニッシュに向かう途中にインパクトが有ると言う事です。

 

ですから、トップからフィニッシュに向かう本来のスイングを練習すれば、おのずとスイングは奇麗に成ると思いますし、インパクトの時にコックを解かないとか、シャンクするとか、ダフルとか、トップするとか、ハンドファーストで打てないとか、様々なスイングトラブルは一挙に解消すると思います。

 

要するに、私の経験で言えば、ゴルフスイングの諸悪の根源は全てトップから球を打とうとする行為だと思います。

 

ですから、ゴルフの教本ではあまり語られませんが、ゴルフスイングで最も大切な事はインパクトの事よりもフォローやフィニッシュの事だと思いますので、トップからフィニッシュに向かうスイングに付いて、ちよっと考えてみては如何でしょうか。 

 

当然、小さなアプローチからドライバーまで、全てのスイングの考え方は同じです。

綺麗なスイング

お越し頂いて有難うございます。

 

昨日は、若手の仲間に誘われて、超久しぶりにバックからゴルフをしましたので、本日はいつもよりお疲れ気味。

 

昨日一緒にラウンドした女性の仲間から「私は、強いて言うなら点数よりも綺麗なスイングに成りたいんです」

 

と言うので、アドバイをしておきました。

 

ゴルフが上手く成って、尚且つ、綺麗なスイングに成る為には、目標とするプロを決める事。

 

目標とするプロを決めたら、そのプロの動画を毎日見て、それを手本にして毎日素振りする事。

 

これに尽きると思います。

 

何事においても「習う」と言うのは「真似る」と言う事なので、「真似る」と言う事は成長する為には非常に大切な事だと思います。

 

昔は、今の様に動画を簡単に見れる時代では無かったので、自分でビデオに撮って、それを見て真似て練習しましたが、今は、簡単に動画が手に入るので、誰でも簡単に真似る練習は出来ると思います。

 

手本となるプロ選手の動画を見て、アドレスはどうなのか? グリップは? スタンスは? 頭の位置は? テークバックは?

 

と言う様に、隅々まで観察して真似る事が大事だと思います。

 

ちなみに、私が昔から手本にしている選手はミケルソン選手。

 

今は、ミケルソン選手とマキロイ選手ですね。

6月12日(水)のゴルフ

お越し頂いて有難うございます。

 

毎週水曜日はゴルフの日と言う事で、毎度毎度のトムソンに行って来ました。

 

本日は男4人女4人の2組8人でのラウンド。

 

男2人と女2人の2組に分かれてラウンドしたのですが、私とラウンドした男性が40才中と年齢が若い。

 

若いと言う事は飛距離が有ります。

 

それでバックでどれだけ通じるか試して見たかったのだと思いますが、

 

「ヒデさん。今日はバックからしませんか」

 

と言うので、嫌とは言えませんから、

 

「いいよ」

 

と言う事で、超久しぶりにトムソンのバックからゴルフをしてきました。

 

バックは疲れますわ。

 

私の飛距離だと2打目がスプーンと言うホールが3つほど有りますし、ほとんどのホールがレギラーティーよりも2打目のクラブが2番手から3番手大きく成る訳ですから、クラブが長くなる分、それだけ力が居るので疲れます。

 

2打目のクラブが長くなる分、グリーンに乗る確率は悪く成りますが、仮に乗らなかったとしてもグリーン周りまでは必ず球は来ますので、寄せて1パットと言うのはそれほど厄介だとは思いませんが、かえって、2打目のクラブが長くなる分、グリーンに乗ってもピンから遠い所に乗る確率が高く成るので、そうすると、3パットの確率が高く成るので、下手な所に乗られる方が厄介です。

 

ですから、今日は長いファーストパットはかなり慎重にカップに寄せましたので、お陰様で3パットは1つも有りませんでした。

 

アプローチでチップインバーディーも1つ有りましたので、何とか点数だけは作って来ました。

 

と言う事で、本日の成績は

 

1バーディー、4ボギー。

 

38.37.75

 

超久しぶりのバックティーでしたが思った以上に上出来でした。

 

今日、そこそこで上がれたのは、前回、調子が悪かったドライバーが治った事に尽きると思います。

 

ちよっと左肘を治しただけなんですが、これだけで良く成ったりする訳ですから、ゴルフのスイングって本当に微妙だなとつくづく思いました。