ゴルフと登山と時々色々/札幌発

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

ナメコ

お越し頂いて有難うございます。

 

私のブログは、ゴルフの話と登山の話が多いですが、ちゃんと家庭菜園もしていまして、先日もニンニクを植えたりしています。

 

北海道の秋は早くて、もう、朝晩が寒いですから、先日の地震の体験で買い込んだポータブルの石油ストーフが、

 

f:id:siawaseni:20181012075052j:plain

 

「寒いな・・」と感じた時に、ちょっと火を点けて暖をとるのに役立っています。

 

こんなに良いのなら、もっと早く買っておくべきでした。

 

ストーブの上でお湯も沸せるし焼き芋も出来ますから、大変重宝しています。

 

そんな寒い季節に成ったので、私の家庭菜園で待望のナメコが生えて来ました。

 

f:id:siawaseni:20181012075211j:plain

 

ナメコは大きい物からハサミで切って採取しています。

 

キノコの根ごと採取するよりも、その方が、キノコの菌種を少しでも残せるかな・・・と思ってそうしています。

 

昨日10個ほどを採って来て下処理をしたナメコを本日の朝、味噌汁にして食べましたが、最高だわ。

 

当分の間、ナメコが楽しめそうなので嬉しいです

家庭菜園の状況

 

お越し頂いて有難うございます。

 

昨日は畑にニンニクを植えました。

 

最近、家庭菜園の事は書いていませんが、ちゃんと家庭菜園もしています。

 

先日も、「水仙」と「チューリップ」の球根を全て掘り起こして新しく植え替えしました。

 

水仙とチューリップの球根は共にバケツ1杯ぐらい出て来て、植え替えすのも大変でした。

 

北海道の冬の寒さは厳しいので「グラジオラス」は越冬するのとしないのが有ります。

 

どれが越冬してどれが越冬しないのかが分からないので、我が家では毎年秋に成ると球根を全て掘り起こして室内で保管するのですが、今はまだ葉が有るので掘り起こしません。

 

春に植えた「山わさび」と「ウド」は元気に育っています。

 

来年の春は山わさびは食べる事が出来そうですが、ウドは小さいので来年はまだ食べる事は出来ないと思います。

 

今年3株だけ植えた「イチゴ」は15株ぐらいに増えました。

 

イチゴの繁殖力は凄くて、ランナーをどんどん出すのでほっておくと30株以上には成ったと思います。

 

でも、孫株から出たランナーは切り取って今年は15株程度に抑えておきました。

 

来年のイチゴの出来具合を見て、美味しいイチゴが出来るようであれば来年は60株ぐらいに増やそうと思います。

 

「トマト」はもうダメですね。

 

実は有るのですが、寒くなって来たのであまり赤く成りません。

 

トマトは思ったよりも寒さに弱い植物だと思います。

 

思った以上に強いのが「オクラ」です。

 

オクラは寒くなってもどんどん大きく成ります。

 

オクラって強いんですね。

 

「枝豆」と「エンドウ豆」は、とっくに食べてしまって今は有りません。

 

今有るのは、来年の為の種用として取ってある数株だけです。

 

「キュウリ」と「ナスビ」も終わりです。

 

キュウリもナスビも寒さに弱くて、秋を感じる様に成ると一挙に枯れ始めますね。

 

「ニラ」と「ネギ」は元気で、ネギ帽子とニラ帽子の状態で種を付けています。

 

ニラとネギは本当に強い植物で、何もしなくても毎年毎年元気に育ちます。

 

野菜の優等生ですね。

 

「アスパラ」は、まだ葉が沢山有るので、来年の為の栄養を蓄えているのだと思います。

 

それから、先日「ミョウガ」を新しく植えました。

 

ミョウガは、ニラやネギと同じで、何もしなくても毎年生えて来ると言うので友達からもらって来て植えました。

 

何もしなくても育つ。

 

良いですよね。(笑)

 

あと、いつ生えるかいつ生えるかと毎日見ているのが「ナメコ」です。

 

ナメコは、原木を去年の秋に植えた所、雪が降る頃に一度生えた様なのですが、雪解けと共に腐ったナメコが雪の中から出て来ました。

 

その後、春に一度生えたのですが、秋にも生えるはずなので毎日楽しみにしています。

 

部屋から見える角度が良く成る様に2本の「ツツジ」を植え替えをしました。

 

木の植え替えは、根を保護する為に土ごと大きく掘り起こすので大変です。

 

植え替えのついでに基肥を入れて植え直したので元気に育っています。

 

この様に、けっこう真面目に家庭菜園をしているのですが、皆さんの様に写真を掲示できないので、あまり記事として書いていません。

 

「じゃ、写真を撮って写真も掲示すれば」と思う方も居ると思いますが、私、いまだにガラケーを使っていまして、写真を撮るのが面倒なのです。

 

老眼なので、スマホは見ずらくて使う気に成れません。

 

だから、写真を気軽にとって掲示すると言う事は出来ないのです。

 

ですから、画像の無い文字ばかりの記事と成りましたが、とりあえず、家庭菜園もちゃんとしている事の報告としてお知らせしておきます。

落葉キノコ

 

お越し頂いて有難うございます。

 

ブログ友達のさくらさんから落葉キノコの事を聞かれたので、本日は落葉キノコの事を書きたいと思います。

 

私は、落葉キノコが大好きなので、ゴルフをしながら落葉キノコを採っています。

 

ゴルフをしながらどうやってキノコを採っているかと言うと、ティーショットを打ったら直ぐに林に走って行ってキノコを探し、2打目の時が来たら仲間が呼んでくれるので、慌てて2打目の所に走って戻って球を打ち、2打目が打ち終わったら又林に行ってキノコを探すと言う具合に、とても忙しいゴルフをしてキノコを採って居ます

 

この落葉キノコと言うのは、正式名を「ハナイグチ」と言います。

 

ユーチューブで見つけた落葉キノコを採っている動画を掲示しておきます。

 

www.youtube.com

 

上の動画を掲示したのには理由が有ります。

 

上の動画を見ていると、袋に入っているキノコの傘の裏側が写ります。

 

キノコには毒キノコが有るので、何でも食べると言う訳にはいかないのですが、しかし、この「落葉キノコ」は誰でもが見分ける事が出来ます。

 

上の動画の袋の中のキノコの傘の裏側を見ると分かる様に、イグチ科のキノコの裏はスポンジ状に成って居ます。(下の画像も参照)

 

f:id:siawaseni:20180913205332j:plain

 

一般的なキノコの裏はヒダ状に成って居ますが、イグチ科のキノコはスポンジ状です。

 

これがイグチ科の特徴で、キノコの傘の裏がスポンジ状に成っているキノコは食べても大丈夫です。

 

ハナイグチの詳しい説明は下記のサイトをご覧下さい。

 

ハナイグチ - Wikipedia

 

このイグチ科のキノコは、多分、落葉(カラマツ)林に行けば、北海道の落葉キノコと同じ物か、又は、同種のキノコかは分かりませんが、本州でも採れるのだと思います。

 

何故ならば、私は1月か2月に沖縄にゴルフをしに行くのですが、美らオーチャッドゴルフクラブで、北海道の落葉キノコとは違うのですが、同種のイグチ科のキノコを見つけた事が有ります。

 

ですから、本州でも、カラマツ林が有ると11月~1月に掛けてイグチ科のキノコは採れるのではないかと思いますよ。

 

このブログを書くのにユーチューブを見て居たら、下の動画を見つけました。

 

www.youtube.com

 

私は、落葉キノコを採りに、わざわざ山に行った事は無いのですが、上の動画を見ているとメチャクチャ採りに行きたくなったので、今週の土曜日は、生まれて初めて落葉キノコを採りに山に行って見たいと思います。

 

沢山採れるといいな。

 

 

注意

 

このブログを書いた後に以下の事が分かりましたのでお知らせしておきます。

 

私が調べた所、本州にも間違い無く「ハナイグチ」は有りますので、ハナイグチであれば食べる事が出来ます。

 

しかし、2016年時点では、本州の野生のキノコから「放射能」が検出されています。

 

現在も放射能が検出されているかどうかは分かりませんが、本州の方で、野生のキノコを食べる場合は、安全を確認してから食べる事をお勧めします。