ゴルフと登山と時々色々/札幌発

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

右肩が前に出るとダメって本当に正しいの?

f:id:siawaseni:20180404194646j:plain

※上の画像をクリックするとゴルフダイジェストさんに飛びます。  

 

お越し頂いて有難うございます。

 

今回は、この教えは非常に重要だと分かっていたので、以前から書こう書こうとは思っていたのですが、説明が難しくて面倒なので避けていた教えの話しです。

 

書くか書かないか迷って居ましたが、ゴルフスイングの肝と言える話なので書く事にしました。

 

では、

 

ゴルフには、インパクトの時に右肩が前に出るとダメ」と言う教え(ゴルフ理論)が有ります。

 

右肩が前に出る事を「肩が開く」とも言いますが、

 

これって本当に正しいのでしょうか? 

 

私の答えとしては、

 

ゴルフスイングでは、右肩が前に出たり肩が開いたりする事はダメなので、この教えは1プレーンスイングにも2プレーンスイングにも通用する事だと思います。

 

違う教えにインパクトの時の肩はスクエア」と言う教えも有るぐらいですから、インパクトの時に右肩が前に出たり肩が開いたりするのはダメな事だと思います。

 

しかし、

 

プロゴルファーの写真を見ると、多かれ少なかれの差は有りますが、インサイドインのスイングをする時は、インパクトの時には必ず右肩は左肩よりも前に出ています。

 

f:id:siawaseni:20180619201200j:plain

 

インサイドアウトのスイングをする時は、右肩は左肩よりも中に入っている場合も有りますが、インサイドインのスイングをする時は、マキロイ選手もタイガー選手も、ローズ選手もスピース選手も、全ての選手がインパクトの時には、多かれ少なかれ右肩は左肩よりも前に出ています。

 

と言う事は、右肩が左肩よりも前に出ても良いのではないでしょうか??

 

そうなんです。

 

インパクト時に右肩は左肩よりも前に出ても良いのです。

 

ゴルフスイングと言うのは、腰や肩の回転によってスイングする訳ですから、

トップでは左肩が右肩よりも前に出て、

フォローでは右肩が左肩よりも前に出る訳ですから、

スイングの途中で、必ず右肩が左肩よりも前に出るのは当たり前の事です。

 

次に、肩とクラブヘッドの位置関係を考えて見たいと思います。

 

肩の回転でスイングすると、

左肩が先行し、

次にグリップがついて来て、

その後にクラブヘッドがついて来ます。

 

要するに、

 

クラブヘッドと言うのは、左肩よりもかなり遅れてついて来ます。

 

ですから、

 

クラブヘッドがインパクトを向かえる時、左肩と言うのは、クラブヘッドの場所よりもかなり先まで先行して回転している訳ですから、

肩を縦に使おうが横に使おうが、インパクトの瞬間に右肩を左肩よりも前に出さないで左肩だけ先行させると言うのは、どの様にしても無理が有ります。

 

どうしてもインパクトの時に右肩が前に出ない様にして球を打とうとするのであれば、肩の回転を止めて、右から左にスエーして球を打つしか方法は無いと思います。

 

しかし、

 

スエーして球を打ったら、球は捕まらないでしょうし、最悪はシャンクが出ると思います。

  

では、なぜ「インパクトの時に右肩が前に出るとダメ」と言う教えが有るのでしょうか??

 

この「インパクトの時に右肩が前に出るとダメ」と言うのは、

 

「右肩が前に出る事によって、スイング軌道がアウトサイドインに成るのはダメ」と言う事を意味しています。

 

ですから、

 

インパクト時に右肩は左肩よりも前に出ても良いので、スイング軌道がアウトサイドインに成らない様にしなければ成りません。

 

右肩が左肩よりも前に出てもスイング軌道がアウトサイドインにさえ成らなければ、積極的に肩の回転を使えます。

 

しかし、

 

右肩が左肩よりも前に出る事によってスイング軌道がアウトサイドインに成る人は、正しい肩の回転と正しいスイング軌道には成って居ませんから、

 

腰や肩の回転でスイングすると言う、ゴルフ本来のスイングからは、かなりかけ離れたスイングに成らざるを得ません。

 

この他に、

 

先にも書きましたが、これに関連した教えにインパクトの時の肩はスクエア」と言う教えが有ります。

 

インパクトの時の肩はスクエア」と言うのは、

 

肩が右から左へ回転する途中、瞬間的に見たらインパクトの瞬間は両肩が、ほぼスクエアに近い状態でインパクトを向かえていると言う意味なのですが、イメージとしてはほぼスクエアなのですが、実際には、上で説明した様にインパクト時の右肩は左肩よりも前に出ています。

 

ですから、

 

インパクトの時の肩はスクエア」と言う教えは間違っている事に成りますが、

 

しかし、

 

この教えは、インパクト時に右肩が左肩よりも前に出ても、スイング軌道がアウトサイドインに成らない様にする為の、とても重要な意味を持って居ます。

 

正しい肩の回転が出来れば、誰であっても、瞬間的にイメージとして「インパクトの時の肩はほぼスクエア」に成るのですが、

 

実態としては、

 

多くのアマチアは、

インパクトの瞬間には、右肩が左肩よりも大きく前に出て、スイング軌道はアウトサイドインに成りますから、イメージで有っても、「インパクトの時の肩はほぼスクエア」と言う感覚は分から無いと思います。

 

この「右肩が前に出るとダメ」と言う教えと、「インパクトの時の肩はスクエア」と言う教えを正確に理解する事が出来れば、身体の回転で球を打つ事が出来るので、まとめて詳しく「1プレーンと2プレーンのブログ」内の「右肩は前に出てもスイング軌道はストレート」で説明します。

 

 尚、「1プレーンと2プレーンのブログ」が見れない方は下の「1プレーンと2プレーンのブログの説明」をご覧下さい。

siawaseni.hatenablog.com 

 

※説明に使える画像が無いかと探していた所、私の言いたい事と、まるで同じ事を書いているサイトを見つけたので参考に読まれると良いと思います。

「振り遅れ」のインパクトで飛距離を伸ばす方法とは?※解説画像付き。 (吉本巧プロ主宰 99ゴルフスクール 茅ケ崎スタジオ)

 

とは言っても、所詮、私は素人ですから間違っているかも知れませんけどね。