ゴルフと登山と時々色々

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

トムソンコース/8月25日(土)/74

 

お越し頂いて有難うございます。

 

毎週末の土曜か日曜はゴルフの日と言う事で、本日はゴルフ仲間とトムソンコースに行って来ました。

 

北海道は、昨日から台風20号の影響で雨が降り続き、今日は台風19号が朝方通過すると言う事で、流石にゴルフは無理だろうと思って中止にするつもりでしたが、朝の5時に雨雲レーダーを見ると、9時過ぎには雨雲が通過しそうな感じだったので、一応、皆で現地に集合する事にしました。

 

8時半頃に現地に集合しましたが雨はまだ降って居ます。

 

とりあえずレストランでお茶を飲みながら、皆で雨雲レーダーを見ながら相談した結果「雨雲は間もなく通り過ぎるだろう」と言う結論に成り、雨も弱く成って来たのでゴルフをすると言う事で、霧雨の中、ゴルフをしてきました。

 

雨は止みませんでしたが、雨と言っても霧雨だったので、カッパも不要でしたし、傘も不要でしたし、それでも服は濡れませんでしたし、グローブも濡れませんでしたし、気温も高くて温かかったので、思ったよりは良い感じでした。

 

ただ、地べたはいたる所に水が溜まってグチャグチャでした。

 

そんな天気の中やってきた本日のゴルフの 

  

シヨットは良かった。

 

アプローチは普通。

 

パターは普通。

 

と言う事で、

 

本日の点数は37.37.74

 

1バーディー、3ボギー。

  

地べたがグチャグチャの割にはシヨットが良かったので3パットが無かったです。

 

シヨットが悪いとロングパットが残るので3パットの確率は上がりますが、シヨットが良いとロングパットが減るので、物理的に3パットが減ります。

 

ドライバーも良い感じでしたから、下がグチャグチャでランが無くてもそこそこ飛んでいたので、地べたの状況が悪くても2打目はそれほど大変では無かったです。

 

実は、もっと大変な事が有ります。

 

私はゴルフをしながら山菜を採ります。

 

春はフキ、タケノコ、タラノメを採ります。

 

タケノコと言っても、北海道には本当の竹はありませんので、笹の子の事をタケノコと言います。

 

春の山菜は、ティーグラウンドで前の組が居なくなるのを待っている間に採る事ができるので、暇つぶしの感じで何も大変では無いのですが、秋に成るとキノコを採るのですが、これが大変なんです。

 

北海道には落葉キノコと言う美味しいキノコが有って、私、このキノコが大好きなんです。

 

死ぬ時に何が食べたいと聞かれたら「落葉キノコ」と言うほど大好きなんです。

 

このキノコは、早ければ8月中頃から生えだして10月末頃まで採れるのですが、実は、先週あたりからゴルフをしながらキノコ探しをしていました。

 

キノコの有る場所は林の中ですから、ティーシヨットを打ったら林に走って行ってキノコを探し、2打目の私の打つ番が来ると「前が空いたよ」と仲間に呼んでもらってコースに走って戻り、2打目を打ったら又林に走って戻ってキノコを探します。

 

こんな風にコースと林を行き来して、キノコを探しながらゴルフをするので、忙しくて大変なんです。

 

そんな苦労の甲斐が有って、本日、今年初めての落葉キノコを見つけて来ました。

 

f:id:siawaseni:20180825170831j:plain

 

落葉キノコの正式名は「ハナイグチ」と言うキノコなのですが、このハナイグチの仲間で「シロヌメリイグチ」と言うキノコが有ります。

 

北海道では、この「シロヌメリイグチ」の事を落葉キノコの「雄」と言い、「ハナイグチ」の事を落葉キノコの「雌」と言います。

 

本日採って来たのは雄の「シロヌメリイグチ」です。

 

味は「ハナイグチ」の方が断然美味しいのですが、「ハナイグチ」が出るのはまだ時季が早い様です。

 

本日落葉キノコは生えていると言う事が確認できたので、次回から、本日以上に落葉キノコ探しに熱が入ります。 

 

※ゴルフに興味の有る方は、お時間が有る時に「ゴルフ理論」も読んで見て下さい。