ゴルフと登山と時々色々

仲間と仲良く。仲間と楽しく。仲間が居るって良いもんだ。

落葉キノコ

 

お越し頂いて有難うございます。

 

ブログ友達のさくらさんから落葉キノコの事を聞かれたので、本日は落葉キノコの事を書きたいと思います。

 

私は、落葉キノコが大好きなので、ゴルフをしながら落葉キノコを採っています。

 

ゴルフをしながらどうやってキノコを採っているかと言うと、ティーショットを打ったら直ぐに林に走って行ってキノコを探し、2打目の時が来たら仲間が呼んでくれるので、慌てて2打目の所に走って戻って球を打ち、2打目が打ち終わったら又林に行ってキノコを探すと言う具合に、とても忙しいゴルフをしてキノコを採って居ます

 

この落葉キノコと言うのは、正式名を「ハナイグチ」と言います。

 

ユーチューブで見つけた落葉キノコを採っている動画を掲示しておきます。

 

www.youtube.com

 

上の動画を掲示したのには理由が有ります。

 

上の動画を見ていると、袋に入っているキノコの傘の裏側が写ります。

 

キノコには毒キノコが有るので、何でも食べると言う訳にはいかないのですが、しかし、この「落葉キノコ」は誰でもが見分ける事が出来ます。

 

上の動画の袋の中のキノコの傘の裏側を見ると分かる様に、イグチ科のキノコの裏はスポンジ状に成って居ます。(下の画像も参照)

 

f:id:siawaseni:20180913205332j:plain

 

一般的なキノコの裏はヒダ状に成って居ますが、イグチ科のキノコはスポンジ状です。

 

これがイグチ科の特徴で、キノコの傘の裏がスポンジ状に成っているキノコは食べても大丈夫です。

 

ハナイグチの詳しい説明は下記のサイトをご覧下さい。

 

ハナイグチ - Wikipedia

 

このイグチ科のキノコは、多分、落葉(カラマツ)林に行けば、北海道の落葉キノコと同じ物か、又は、同種のキノコかは分かりませんが、本州でも採れるのだと思います。

 

何故ならば、私は1月か2月に沖縄にゴルフをしに行くのですが、美らオーチャッドゴルフクラブで、北海道の落葉キノコとは違うのですが、同種のイグチ科のキノコを見つけた事が有ります。

 

ですから、本州でも、カラマツ林が有ると11月~1月に掛けてイグチ科のキノコは採れるのではないかと思いますよ。

 

このブログを書くのにユーチューブを見て居たら、下の動画を見つけました。

 

www.youtube.com

 

私は、落葉キノコを採りに、わざわざ山に行った事は無いのですが、上の動画を見ているとメチャクチャ採りに行きたくなったので、今週の土曜日は、生まれて初めて落葉キノコを採りに山に行って見たいと思います。

 

沢山採れるといいな。

 

 

注意

 

このブログを書いた後に以下の事が分かりましたのでお知らせしておきます。

 

私が調べた所、本州にも間違い無く「ハナイグチ」は有りますので、ハナイグチであれば食べる事が出来ます。

 

しかし、2016年時点では、本州の野生のキノコから「放射能」が検出されています。

 

現在も放射能が検出されているかどうかは分かりませんが、本州の方で、野生のキノコを食べる場合は、安全を確認してから食べる事をお勧めします。